--
--/--

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009
11/04

ほとんど同じ事してるのになぁ。

もろはの日常

かの『Devil May Cry』の親戚の様な作品、『BEYONETTA』。


今とても気になっている作品です。


DMCは主人公のダンテという男の騒がしさが好きでなくて、
やったはいいものの「こいつなんとかならないか」と思ってしまいました。
(でもそのキャラが売りのゲーム)

歳をとって落ち着くかと思ったら相変わらずで、
無口なバージョンもあるもののそれはすでに「ダンテ」ではなくて、
それはそれで納得がいかない。
「相容れない」。それが結論でした。



でも、今回の『BEYONETTA』は悪魔狩りが天使狩りになっただけで、
同じようにスタイリッシュなアクションでバッサバッサ倒すゲームなんですが、

まー、主人公のベヨネッタさんが美人。ナイス美女。

性格はダンテと同じようにちょっと極Sぎみなんですが、
かっこよい。ものすごいナイスバディで飛び回るので見てて面白い。
歩き方も常にモデル歩き、でも走れば陸上選手並みにスバラシイ姿勢。
いちいちセクシー。


どれくらいセクシーかというと、
ゲーム全編、ベリーダンスとかポールダンスで構成されていると思っていただければ。
あと思わず深読みしてしまう台詞。


アクションするにしても何にしても、
やっぱ女の人の方が花がありますね。


このゲームのトレーラーとかを見ていると、男性キャラクターの戦闘スタイルよりも、
女性キャラクターのそれの方が幅がきくということに気づきました。


女性的な「優雅さ」「セクシーさ」という点があることで、
男性キャラクターではできない(というかやってはいけない)ポーズで攻撃とかできるんですよね。うん、キャラクターメイキングの参考になりました。



まぁ、ベヨネッタさんの四丁一式の銃はすごすぎだと思いますけどね。
足のかかとについている銃はどうやって引き金をひくんだろう。
すごいな、四丁拳銃。

逆立ちのまま、かかとの銃を乱射とか、ダンテがやったら滑稽なだけなのに、
ベヨネッタさんは(滑稽ではあるけど)だいぶ見てはいけないくらいセクシー。
これが男と女のキャラクターとしての差か。なるほど。



ふんふん。


ところで、
だいぶ話は変わりますけど、今日やっぱ肌の色が黒いっていいなって思いました。
白シャツだけで格好良く見える。
エキゾチックさにごまかされているのかも知れませんけどね。卑怯な。



近くのカレー料理屋さんの話です。



〈コメントお返事〉
○11/2のしぃ殿→コメント欄を見てね!





スポンサーサイト

CM

NAME
TITLE
MAIL
URL
PASS (削除時に必要)
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
COMMENT&
DECORATION

TB

トラックバック

http://kokohorewanwan11.blog84.fc2.com/tb.php/73-7844c80d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

もろは

Author:もろは
マイペースで、アバウト。
最近ややルーズ。
「計画5割、実地3割、余地2割」が信条。

『根拠が無くても自信を持て!』

「やった事無いけど、なんかできそうな気がする~」で乗り切ってきた人生です。

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。