--
--/--

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009
11/09

「桜の木の満開の下」お前もか…。

もろはの日常

やっと終わったアニメ版青い文学シリーズの「人間失格」。
長かった。次は「桜の木の満開の下」だ。
あれも暗い話だけど、まぁ「人間失格」よりはマシなはず…ーーー。


と、意気込んで見ました。「桜の木の満開の下」。


……………ブリーチ風ミュージカル「桜の木の満開の下」ですね。


歌って踊る。何故に。
暗くはない。でもものすごい脚色が入りまくっている。
いや、でも本編を少し読んであらすじをざっと知ってるくらいだからなぁ、
もしかしたら主人公の山賊はチューインガムが好きなのかもしれない。


まぁ、あの奥さんだとかいって無理矢理攫ってきちゃった人が可愛いので見ようかと思いますが、人の首並べて遊ぶような女ですからね、可愛い筈がないのに。

水樹奈々マジック。

ただ主人公の山賊の声はがっかり。
前の「人間失格」のときはぴったりだったんですけど。


「蜘蛛の糸」と「地獄変」はこんな雰囲気にしないでほしいです。
少しもギャグは入れずにやってほしい。
この調子でいくと、マジで「走れメロス」が部活ものになるのでは…(ごくり)





元の原画の人の作品に雰囲気が引っ張られすぎている気がするのですが…、
この感じだと、前に友人達と話した、

「尾田栄一郎さん(ワンピースの作者)で文学の表紙やるとしたら何の作品?」

という問題に、動物の絵がうまいという理由で、

「『山月記』(てか中島敦)でなんとか…!世界文学ならいくらでもいけるのにね!」

という答えを導きだしたがために、
その日から私の中で李徴がなんかルフィです。

なんか腕伸びてる。

虎なのに。

これでアニメ化したら、たぶん尊大ななんとかとか言ってらんない冒険活劇に脚色されてしまうかもしれません。テンションの高い虎と、つっこみの上手いお友達で。


「あ、お前袁サンか!はは、久しぶりだなぁ!俺、なんか知らないけど虎になった!」


はっ。気づいた。
「何か知らないけど」で済ましたら、『山月記』の大半が終わる。


あああ、それはそれで困るっ。
ワンピも山月記も好きだけど、好きな物と好きな物をブレンドしたらより好きな物になるなんて足し算は成立しないのが世の常なんですよー。
ラーメンとショートケーキを一緒にしたってまずいでしょうよ。



本屋でそんな表紙の『山月記』が並んだ日には、私何しでかすか自分でも分かりません。




スポンサーサイト

CM

NAME
TITLE
MAIL
URL
PASS (削除時に必要)
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
COMMENT&
DECORATION

TB

トラックバック

http://kokohorewanwan11.blog84.fc2.com/tb.php/79-df7d0d86

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

もろは

Author:もろは
マイペースで、アバウト。
最近ややルーズ。
「計画5割、実地3割、余地2割」が信条。

『根拠が無くても自信を持て!』

「やった事無いけど、なんかできそうな気がする~」で乗り切ってきた人生です。

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。