--
--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010
10/29


チャンネルを回す、一瞬だけ映ったアンパンマンの「ニガウリマン」の声優について。
ちなみに、大塚さんはその一瞬で「ウリ」としか言っていませんでした。

急に訳分からない言葉でチャンネル回すのを止められたのは、
いつも(ほぼ私のせいで)不憫な弟です。

大塚明夫ならば、ニガウリでも結構。




お久しぶりで申し訳ないです。
年末へ向かって、忙しさがハンパないもろはです。

今日は風邪を引いてしまい、「バタコさんがばたばた走るのってエンディングだけだよなぁ」とか思いつつ、アンパンマンなぞ見てました。



職場では、相変わらずな感じで頑張ってます。


急に上司に呼ばれ、慌てるあまり、服をファイルをしまう引き出しにはさんで「ビーン」ってなったり、

全然充電がないカメラを上司に貸し、
「バッテリーの無いカメラを貸してくれてありがとう。充電しろ」と言われたり、

いろいろやってますけど、私は元気です。




2010
10/02



前の記事でご紹介した「腐ったトトロ」みたいなポケモン。
その図鑑の説明に驚愕しました。


ヤブクロン:ゴミぶくろポケモン
「ごみ袋が産業廃棄物と化学変化を起こしたことで、ポケモンとして生まれ変わった」

奴、ゴミだった。

この、何でも「化学変化だから」って説明されると、「あ、そう、ですか…」と引き下がらざるを得ない文系な自分です。化学変化怖い。




さてさて、最近、ポケモンホワイトをピコピコやっている自分です。
愛しのポケモンとともに、やっとバッジを4個手に入れました。

ただ、3番目のジムリーダーのジム(虫ポケジム)が、「プーさんのハニーハント」に間違えて入ってしまったと思うような、蜂蜜を徹底的に塗りたくったジムという、衝撃的なものでした。プーさんが出現しても顔色一つ変えずにやりすごせる違和感のログアウトっぷり。

最近のジムリーダーってキャラが濃いです。
カフェを経営してたり、博物館だったり、芸術家だったり、
スーパーモデルだったり、交易王だったり……うんぬん。

ジム=副業。

ジムの経営だけでは生計がなりたたない地方なのか、
権力者がジムリーダーと名乗れる地方なのか。


どっちにしろ、カントーが地味に見えます。


2010
09/25



渡された食べ物を何でも食う(遠慮をしない)もろは。

 先輩:「何か嫌いな食べ物ってないの?」

もろは:「漬け物がちょっと好きじゃないですねぇ」

 先輩:「え!?なんでそこだけ若者ぶるの?

もろは:「!?」


もろは は まだ わかいつもり だった !



確かに今の若者にない落ち着きだと言われてはいましたが。


2010
09/23


とある方に「新しいポケモンに腐ったトトロみたいなのがいる」といわれたので、半信半疑で調べてみたら、ホントに「腐ったトトロ」という形容が正しすぎるポケモンがいました。

中トトロに、藻と洗濯機のゴミ取り網のゴミがひっついたような。

怪訝な目で見てしまって申し訳なかった。

「ゴミぶくろポケモン」ですって。
生き物に分類といえど「ゴミぶくろ」ってつけるのは、どうかと思ふ。



今話題のポケモン第五世代「ポケモンブラック・ホワイト」。
アニメも同時期に新シリーズが始まったので、20を越えた姉弟で初回1時間スペシャルをきっちり見てしまいましたよ。ぎゃーぎゃー騒いで、母に「チャンネル変えてもいい?」とか言われながら。


・新地方に行くときはピカチュウ一匹でスタート
・なぜかピカチュウがてんで弱くなっている
・ポケモンにバトルもしかけずに急にモンスターボールを投げたサトシ君が注意される
・そこらにいる鳥ポケモンをゲットする
・例のロケット団がピカチュウを狙ってる


お約束は変わらず。
しかし、サトシくんの顔が若干変更されたので、なんだか知ってるサトシくんではありません。異様にキラキラしています。イケメンになったもんだ。

ちなみに、ライバルのよく分からないくすんだ金髪くんは、ゲームにはいません。

「誰だお前」

と姉弟で声をそろえました。



私の心をわしづかみにするようなポケモンが出て来ることを願っています。
いまのところは御三家(最初に選べる3匹のこと)のミジュマルでしょうか。「ホタチ」というホタテ型の剣で闘うラッコです。皆さんがお腹の模様だと思っているであろうあのホタテは、なんと着脱可。

斬新な太刀の収納法です。

ラッコながら侍とは、あなどりがたし。




2010
08/30



(私が開けた机の引き出しに、勢い良く足をぶつけた上司)


上司:「……お前、今、俺が来たから(机の引き出しを)開けたんだろうっ?」

 私:「いいえ。私が開けたら、○○さんが来たんです」

上司:「いいやっ。来たから開けたんだろ?事件だ!

 私:「いいえっ。開けたら来たんですよ。自損です!



私の目の前の席の方が、声をあげて笑ってました。


なんか、周囲からしたらナイスコンビに見えるらしいですが、
私と上司だけは決してそう思ってない。


結局、「開けたら来た」ということでまとまりましたが、
同期に「どうでもいい」と言われました。




プロフィール

もろは

Author:もろは
マイペースで、アバウト。
最近ややルーズ。
「計画5割、実地3割、余地2割」が信条。

『根拠が無くても自信を持て!』

「やった事無いけど、なんかできそうな気がする~」で乗り切ってきた人生です。

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。